ガジェット系

【Xiaomi 11T/11T Pro】ついに日本上陸!シャオミのハイスペック機

Xiaomi 11T Pro

まいど!調査員イルカです

Xiaomi11T/11T Pro

  • 2021/11/5 発売
  • 11T:54,800円
  • 11T Pro:69,800円

Xiaomi 11Tシリーズがいよいよ日本上陸です!

本機はシャオミのハイスペック機となっており、これまでの安さ重視のシャオミ機の中でも一線を画するスペックとなっています。

新しいシャオミのフラッグシップモデル。5~6万円ながら高性能を誇る11Tシリーズをじっくり調査したいと思います!

スペック

Xiaomi 11TXiaomi 11T Pro
CPUMediaTek Dimensity 1200 UltraSnapdragon888 5G
大きさ高さ:164.1㎜
横幅:76.9㎜
厚さ:8.8㎜
高さ:164.1㎜
横幅:76.9㎜
厚さ:8.8㎜
重さ203g204g
画面サイズ6.67インチ6.67インチ
画像解像度2400×10802400×1080
RAM8GB8GB
ROM128GB128/256GB
バッテリー5000mAh5000mAh
カメラ背 面:1億800万画素
超広角:800万画素
テレマクロ:500万画素
前 面:1600万画素
背 面:1億800万画素
超広角:800万画素
テレマクロ:500万画素
前 面:1600万画素
認証指紋指紋
Felica/おサイフ×
急速充電
ワイヤレス充電××
イヤホンジャックなしなし
5G
WiFi規格a/b/g/n/ac/axa/b/g/n/ac/ax
NFC
SIMデュアル
nano/nano
デュアル
nano/nano

通常版とプロ版では、おサイフの有無、CPU性能、カメラ性能が大きく違います。

防水機能の情報がほとんど出てこないので、おそらく自慢できるほどの性能はないのでしょう。あまり防水機能は信頼しない方がいいかもしれません。

日本では初のハイスペック機

Xiaomi 11T Pro

シャオミが日本で発売したスマホはエントリーモデルとミドルレンジのみで、ハイスペック機は投入してこなかったのです。

  • エントリーモデル:Xiaomi 9T、Reno a、Reno A73など
  • ミドルレンジモデル:Mi 11 Lite 5G、Redmi Note10Proなど

なぜ日本市場では安いスマホしか投入してこなかったのか謎ですが、今回の11Tシリーズは日本市場初めてのシャオミ機ハイエンドモデルに。確かに性能面やCPUを見る限りハイエンドモデル並みで、そのほかの機能もPro版ではまんべんなく付帯しています。

しかし価格はPro版でも6万円代で買えてしまうため、ハイエンド並みの性能がありながらもミドル並みの値段しかありません。

コスパを重視しているシャオミならではの価格設定ですね!これは素晴らしい評価ポイントです。

CPU

Snapdragon888
  • 11T:MediaTek Dimensity 1200 Ultra
  • 11T Pro:Snapdragon888 5G

やはり目を行くのはPro版の Snapdragon888 5G

10万円以上のハイエンド機種で使用されている高性能CPUが搭載されていて、6万円代のスマホでスナドラ888が体験できるのはコスパが非常に高い。スナドラ888のAnTuTuベンチマークスコアは約70万点以上で、もちろんゲーミングとしても申し分ない性能。CPU重視の人にもお勧めできる機種となっている。

一方で通常版11Tでは MediaTek Dimensity 1200 Ultra を使用。

こちらのCPUのAnTuTuベンチマークスコアは約60万点で、5万円スマホとしては十分すぎる高性能チップとなっている。

通常版、Pro版どちらでもCPU性能は高性能で、ゲーミングガチ勢でなければどちらを選んでも後悔しないだろう。

大きさ・重さ

Xiaomi 11T Pro-2
  • 幅:76.9㎜
  • 高さ:164.1㎜
  • 厚さ:8.8㎜
  • 重さ:203~204g

11Tシリーズは6.67大画面のため、大きさ・重さともにそれなりにある。ただ厚さも10㎜近くまでにはなっておらず、重さも200g付近となっており、6.67インチとしては許容範囲の大きさ、重さとなっている。

それでも200gぐらいになってくると、どうしても重さによる手首の疲れを感じてしまうため、重さ重視の方は避けた方がよさそうだ。

カメラ性能

Xiaomi 11T Pro-3
  • 背面メインカメラ:1億800万画素数
  • フロントカメラ:1600万画素数

背面のメインカメラの性能は驚異の1億800万画素数を誇っています。

ミドルレンジでは1億を超える画素数はほとんどないし、カメラ性能を重視する方には本機をおススメしたい。5~6万円程度でこのカメラ性能なら間違いなくコスパは高い。

またPro版では8K撮影にも対応し、録画機能では両者には大きな違いがあります。ビデオ撮影を重視するなら間違いなくPro版です。

ディスプレイ

  • リフレッシュレート120HZ
  • 有機ELディスプレイ

ディスプレイ性能にも抜かりがない。リフレッシュレートは最高品質並みの120Hzに対応し、もちろん有機ELディスプレイだ。素早い画面の異動でも滑らかな表示が可能になる。

ここもハイエンド並みと評価してもいいいだろう。

おサイフケータイ

おサイフケータイ
  • 11T:おサイフなし
  • 11T Pro:おサイフあり

通常版11Tにおサイフ機能がないのは、非常に残念な点です。

5万円以上もするのに、おサイフケータイ機能がないのは正直ものたりない。Pro版との違いはCPUとおサイフ機能の有無が目立ち、Suica機能を日常的に使用するサラリーマンにとってはこれがないだけでメイン機にはできない。

コスパ的に見たら大きなマイナス点。

総合評価

5~6万円代で最高峰のCPU、網羅的な機能、高品質のカメラとディスプレイを備えているため、コスパは非常に高くお勧めできるスマと言える。

大画面が好きで多少の重さ・大きさを気にしないのであれば本機をおススメしたい。

大きさ・重さが気になるところだが、とはいっても6.67インチ画面で203g程度ならまだ許容できる範囲で、決して重すぎるスマホではない。

5~6万程度でハイエンドスマホを買うことができる、Xiaomi11Tシリーズは値段に合わない高性能機種ですね。買うべきスマホでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

イルカ調査員

まいど!九州生まれ九州育ち、ブロガー兼会社員のイルカと申します。 人気官庁の公務員を3年で退職、現在は都内で会社員として勤務しています。趣味はスマホ、パソコン関連商品、お得情報を日々リサーチすること!イルカの調査結果をお届けします。

-ガジェット系