暮らし・お得情報 生活お役立ち情報

お部屋の照明器具、買替時期は?高めの照明器具に交換してみた【Panasonic AIR PANEL LED】

おしゃれなインテリア照明

まいど!生活調査員イルカです

参考情報

  • 照明器具の買い替えを検討している
  • 照明器具の買い替え時期、耐用年数は?
  • 2万円以上の照明を使ってみたい
  • Panasonic製品について知りたい

まだ点灯するけれども、カバーが欠けちゃったりリモコンが故障したり、お部屋の照明器具を長年使っていると、買い替えの検討時期がいずれは来ることとなります。

まだまだ使えそうだけど、もう何年も使っててカバーの劣化が進んでいるし・・どうしよう

私もつい先日まで照明器具を買い替えを検討してました。10年以上使ってまだ点灯しますが、一部劣化を感じていたところ。でも思い切ってちょっと高いPanasonic製の照明を購入。

結果は質・安全面から見てもベストな選択となりました。

今回はお部屋の照明機器の買替時期、私が購入した商品を紹介したいと思います。

照明器具の買い替え時期

天井照明器具の推奨されている交換時期は、使用開始から10年が目安

税法上の耐用年数は15年とされていますが、これはあくまでも会計処理上の概算年数です。

JISでは8~10年㈳日本照明工業会では10年経過した場合は交換を推奨しています。

私は仕事で賃貸物件の保守・管理業務を経験したことがあります。

たしかに家庭用電気製品は10年経過すると故障が増加する傾向があり、10年での交換が推奨されているのも、現場経験者としては納得ができる目安です。

照明の交換目安

  • 税法上:15年
  • JIS:8~10年
  • ㈳日本照明工業会:10年
  • 業務経験者の実感:10年

古い照明を使い続けるのは ✖

古い照明

結論から申し上げますと、古い照明器具を使用しつづけることは避けた方がいいです。

電球を交換しても点灯せず、使用して数年以上になる場合は本体丸ごとの交換を検討しましょう。

賃貸物件の管理業務の経験をもとに、なぜ古い照明器具の継続使用がダメなのか説明していきます。

発火、漏電の危険が増す

漏電による火災

古い照明器具を使用し続けると安定器の劣化やほこりの蓄積が原因で、ソケット部分から出火する可能性があります。

といっても家電からの出火は現場管理ではかなりまれなケース。

よくあるのは絶縁不良による漏電で、賃貸物件の苦情ではよく報告がされる症状です。

ようは、内部の配線が劣化してそこから電気が漏れる危険な状態のことです。

漏電が起こるとブレーカーの防御反応により室内が停電状態になり、復旧まで時間を要してしまいます。

このように出火や漏電のリスクが増えるため、基本的には家庭内電化製品は10年での交換が推奨されているのです。

カバー割れでも本体交換が必要となるケースも

点灯は全然問題ないけど、取り付け・取り外しの際にカバーを割ってしまったため、カバーだけの修復を希望する人もいるかと思います。

これはメーカー次第ではあるのですが、基本的にカバーだけを別売しているメーカーは少数派で、カバー破損のケースでは本体ごと買い替える必要があります。

LED照明がほとんど

LED天井照明

経済産業省の施策により照明はLED規格に統一されたため、現在販売されている天井照明はほとんどがLED対応。蛍光灯の取替用ランプは今でも販売されていますが、すでに製造中止となり価格高騰の傾向になっています。

LEDの方が寿命・明るさともに非常に優れているため、比較すると高価ではありますがLED照明を購入すべきだと言えます。

私の場合:リモコンの故障

私が部屋の照明器具を交換しようと決意したきっかけは、リモコンの故障でした。

これまでは10年以上前に購入したシャープ製のLED照明器具を使用していたのですが、リモコンボタンの反応がすこぶる悪く、消すことも支障があったので買い替えることに。

10年以上前の製品だと既に製造中止になっており、リモコン単体での販売はとっくにされていないようでした。

家電量販店で品定め

買い替えを検討していた時には、ケーズデンキやヨドバシカメラの照明コーナーに足を運んで何がいいが物色していました。

見た目はオーソドックスなよくあるタイプですが、LED照明でも安いと1万円以下で販売されています。

6畳、8畳、12畳タイプ、部屋の広さに合わせた照明器具を選ぶ必要が。。

私は単身タイプの8畳もない広さの社宅に住んでいますので、6畳・8畳どちらにするか迷っていました。

買った後に明るさに不満がないよう、余裕をもって8畳タイプを選択することに。

Panasonic製をチョイス

いろいろ見て回っていると、panasonic製のこちらの天井照明を購入しました。

パナソニック LEDシーリングライト AIR PNANEL LED

最初は下の別モデルと迷っていたのですが、丸型の方がムラなく明かりが広がりやすそうと思い、丸型の上のモデルを選択。

シンプルながら外観のカッコよさに魅かれて、最後はこれじゃなきゃ嫌!ぐらい思ってました(笑)

楽天市場のヤマダ電機のページから購入。

店頭価格より安く、お買い物マラソンを利用して14%のポイントバック付きでお得に購入♪

2~3万円のちょっと高い照明ですが、個人的には大満足の結果になりました。

取り付け

脚立は必要になってきますが、取り付けは想像より簡単!

真ん中の緑色ソケット部分を先にシーリング部分に取り付け、そのあと本体をソケットにはめるようにして取り付けます。

天井が高いとちょっと危険なので、別の人に補助してもらいながら作業した方がいいです。

商品レビュー

パナソニックのAIR PANELシリーズでは、白い色・暖かい色の間で色合いを調整できます。

暖かい色
白い色

寝る前には常夜灯モードに。意外と使ってて、便利な明かりモードになっています。

常夜灯モード

また点灯部分を中央の「センター」だけ、その周りの「パネル」だけにするモードもあります。

この二つのモードでは暗めの雰囲気になるので、ちょっとだけ明かりが欲しい寝る前や朝方に最適です。

センターモード
パネルモード

虫が入りこむ心配がない

この商品を買って一番良かったポイントが、虫対策

カバー付きの天井照明だと虫が集まって本体カバー内に入り込んで死骸が残り、見た目も気持ち悪い状況になります。

しかし本機種はパネル式で、点灯部分が解放されて虫が入るカバー空間がなく、そのような心配は全く必要ないです。

シンプルながら使いやすいリモコン

本照明のリモコンは、ボタン少なく見えるが調整がしやすい。

いくつかのパターン、モードの明るさをボタン一つで変更できるようになっており、タイマー設定も可能です。

10年以上経過したら買い替えよう!

10年以上経過すると故障頻度が増加し、漏電や火災のリスクもあるので、10年経過後は新しいモデルに買い替える方がいいです。

個人的にはPanasonic、アイリスオーヤマあたりがおススメ。

店頭よりはネットの方が安く販売されているので、amazonや楽天で物色しつつ、セール時期を狙って買うのがベストになってきます。

やはり家電ではamazonの安さがダントツ

ポイントをたくさん稼ぐなら楽天

楽天はキャンペーン・セール時期のポイント還元率が+10%されたりするから見逃せません。

安いと数千円で購入できるが、2万円、3万円の照明を買ってもクオリティ・費用対効果できっと満足できるはずです。

今後の買い替えの参考になれれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

イルカ調査員

まいど!九州生まれ九州育ち、ブロガー兼会社員のイルカと申します。 人気官庁の公務員を3年で退職、現在は都内で会社員として勤務しています。趣味はスマホ、パソコン関連商品、お得情報を日々リサーチすること!イルカの調査結果をお届けします。

-暮らし・お得情報, 生活お役立ち情報