ガジェット系

【Redmi note10 Pro 】レビュー!!

RedmiNote10Pro画像

中華スマホに対する偏見

中国企業の会社が作るスマホなんて大丈夫なんだろうか??・・

私はどちらかというと、日本を代表するソニーなど、有名な企業が開発したスマホを使いたい!と思っていた人間だった。(だったらソニー製のスマホ買ったら?と突っ込みたくなる・・・)

なぜなら日本人であるが故、日本を代表する企業の偉大さを重々知っており、就職活動においてとてつもない高倍率を勝ち抜いて、そこで働いている人たちが作った製品の質が悪いわけがない。

そんなちょっとした偏見を持っているからだ。

しかし、YouTubeの各メディアで Xiaomi の 「Redmi note10 Pro」が価格破壊のスペックだということで、めちゃくちゃ「使ってみたい!!」と物欲が止まらなかったゆえ、、、

さっそくメルカリで少しだけ安い価格でポチり、、2か月使用してみました。

中華スマホに不安のある方、本機種を買おうか迷っている方にむけて、使用してみた感想をおつたえしたい。

スペック、特徴

  • CPU:Snapdragon 732G
  • メモリ:RAM6GB / ROM128GB
  • 画面サイズ:6.67インチ有機EL
  • バッテリー:5020mAh
  • 急速充電:〇
  • 防水、防塵:〇
  • 5G通信:非搭載
  • オサイフケータイ:非搭載
  • NFC:非搭載
  • デュアルSIM:対応(nanoSIM×2)

簡単にこんなところだが、定価34,800円であることをふまえればまあ、かなりのハイコスパアイテムと言っていいだろう。こう見ると、なかなかハイスペックにも劣らない内容。

残念な点は、

  1. NFC、おサイフケータイがない
  2. 5G非搭載

まあ、5G通信は提供エリアがめちゃくちゃ狭いし、つながってもデータ通信量をかなり消費してしまうので、正直必要性は薄いと思うんですよね。

ただおサイフケータイが無いとなると、モバイルSuicaが使用できなくなるので、日ごろ通勤で、モバイルSuicaを定期利用しているサラリーマンからすると、かなりのマイナスに感じます。(これだけでメイン機にできない・・)

カメラ

この機種、背面のカメラがかなり出っ張っています。

注目すべきは性能のすごさ

当機種のカメラ画素数はもうミドルスペックを通り越しており、

◆約1億800万画素のメインカメラ

◆約800万画素の広角カメラ

◆約500万画素のマクロカメラ

◆約200万画素の深度センサーを搭載

◆1,600万画素のインカメラ

メインカメラの1憶800万画素数って、、もうこれがあるだけでほんとに3万円台で買っていいの?ってなりますよね(笑)

指紋認証

私的に一番いいなと思った点が、指紋認証

右側面のアルミ素材のフレームに、これまたアルミ素材の電源ボタンがついているのですが、これが指紋認証機能と一体になってて、使い勝手が非常にいい。しかも反応もいい。反応時の音もスマートでかっこいい!!

これだけで、シャオミ製品の虜になってしまいそうです。。。。(*^^*)

ディスプレイ

この機種なんと「リフレッシュレート120Hz」対応で表示できるんです!!!

リフレッシュレートが高いほど、画面を動かしてもなめらかできれいな画質を保てるのですが、120Hzは、10万円台のハイスペックスマホしかないものだと思っていました。

おおいおい、、、まじかよ・・ミドルスペック3万円台のスマホだぞ・・・価格破壊スマホと言われる理由が分かったぜ・・

もう、ほんとに時代は変わったよ。。時代は中華スマホだな。

10万円台のアイフォン買ってた自分がばかみたいだね。ただこの機種で、リフレッシュレート60Hz、120Hzどちらとも切り替えて使ってみたんですが、

正直、違いが分からなったです。

どうでしょうか?

中華スマホも馬鹿にできないですね。というか、もうシャオミ最高ですね。スマホのフォルムもシンプルでかっこいいし、無駄な部分がない。

なにより、スペックのわりに価格が安すぎる

これは日本企業では同設定でスマホ売り出せないですよ。いやー、すごい時代になったもんだ!

新規契約でお得に購入!約5000円OFF

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

イルカ調査員

まいど!九州生まれ九州育ち、ブロガー兼会社員のイルカと申します。 人気官庁の公務員を3年で退職、現在は都内で会社員として勤務しています。趣味はスマホ、パソコン関連商品、お得情報を日々リサーチすること!イルカの調査結果をお届けします。

-ガジェット系