格安SIM

【POVO2.0】POVO料金プラン大刷新【トッピング祭り】

POVO2.0トップ画像

まいど!スマホ調査員イルカです!

POVOが料金プランを大刷新!

その名も『POVO2.0』

2021年9月下旬からの運用開始を予定。

新しいPOVOの料金プランについて、調査結果をお伝えしていきます。

よろしければ御付き合いください。

基本使用料はゼロ

新しいPOVOでは、これまでの20GBデータ量:月額税込2,728円を完全撤廃

基本使用料を完全にゼロとしました。

これは結構驚き・・・

基本料金ゼロ!?データ量はどうなってるの?

基本設定のデータ量は存在しません

ユーザーは自分の使用したいデータ量を、トッピングという形で選ぶことになります。

もちろんトッピングを購入しなければ基本料はゼロのままです。

POVOのオリジナル性を全面に出す

ahamoと同じようなデータ量・料金から抜け出して、POVO独自のオリジナリティーを打ち出した、そんな改革と言えそうです。

POVOは完全にahamoの二番煎じ、キャリア3社が足並み揃えるために作られた料金プランでした。

事実上の価格カルテルだったのですが、今回のPOVO2.0は、ahamo同盟を少し脱出したアップグレード版と言っていいでしょう。

トッピング

現在公式に発表されているトッピングのメニューはこちら。

データトッピング

  • データ使い放題(24時間):330円
  • 1GB追加(7日間):390円
  • 3GB追加(30日間):990円
  • 20GB追加(30日間):2,700円
  • 60GB追加(90日間):6,490円
  • 150GB追加(180日間):12,980円

コンテンツトッピング

  • DAZN使い放題(7日間):760円
  • SMASH.使い放題(24時間):220円

通話トッピング

  • 5分以内かけ放題:550円
  • 通話かけ放題:1,650円

20GB料金はトッピングによっては安い

新プラン20GB:料金2,700円。

アップデート前の旧プランでは2,728円でしたから、少し安くなってるものの、まだまだ高い。

楽天モバイルや日本通信SIMでは20GB:2,178円なので、ライバルはもっと割安です。

では60GB(90日間):6,490円のトッピングはどうでしょうか。

6,490円÷60GB≒108.1666‥

1GB換算だと約108円

20GB換算で約2,163円となり、なんと楽天モバイルよりも安くなる計算に!

ここはかなり好ポイント。20GB価格帯では主要他社よりも安くなっていますね。

90日間という期間限定がどうなのか判断が難しい所ですが、ほぼ3か月と考えれば同一と捉えてもいいでしょう。

150GBトッピングだとさらに安い

ベストプライス

では150GB(180日間):12,980円ではどうでしょうか。

12,980円÷150GB≒86.5333円/1GB

20GB換算でなんと約1,730円!

これは業際最安値クラス。

日本通信、楽天モバイルもびっくり。

ライバル他社に約400円以上差をつけて安くなります。

3GBはLINEMOを意識したか

3GB(30日間)は990円。

これはLINEMOに合わせてきましたね~。

3GB:990円は全く同じです。

24時間使い放題トッピングは高くなった

新プラン:24時間使い放題トッピング料金は330円!

旧プランでは220円でしたから、110円の値上げに。

通話トッピングは変わらず

通話アイコン

通話トッピング、5分かけ放題:550円と通話放題:1,650円は旧プランと同じ

また通常の通話料は22円/30秒

格安SIM各社の傾向として、政府の要望を受けてからか30秒当たり11円に値下げする傾向が続いていました。

現行のままとしたのはちょっと残念。

政府の言いなりにはならねーよ、という意思を感じます。

トッピング買わないと解約も

トッピングを購入しないまま一定期間を経過すると、契約解除の対象となるようです。

※最後に購入した有料トッピングの有効期限の翌日から180日間、有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となる場合があります。また別途所定の手数料等の費用がかかる場合あります。

公式HPより

ここは楽天モバイルをまねたのでしょうか。

別途所定の手数料がかかる、という文言が気になります。ようはトッピング買わねーと解除するぞ、手数料とっちゃうぞ、っていうことですね。

タダで使えるシステムではなさそうです。

トッピングなしでは最大速度:128Kbps

公式発表では、トッピングなしの場合では最大通信速度が128kbpsとなることが明記されています。

これは相当遅く、WEB閲覧もままならない速度。ほとんど使い物にはならないでしょう。

ただ考え方によっては、超低速データ通信の音声通話専用SIMを、基本料ゼロで利用できると捉えることもできます!

しかし前述のとおり解約の対象となったり、手数料を徴収される可能性大ですので、おススメはできません。

買い方によってはコスパ高い

150GBのおまとめトッピングを購入すれば、20GB換算を約1,730円で利用できますから、ライバル楽天モバイルや日本通信を差し置いて相当安く利用できることとなります。

しかし今回のアップデートでの最注目点は、POVOがahamoのまねごとをやめてオリジナル性を強く打ち出したこと、これにつきます。

20GB定額料金を脱却し、POVOはトッピングシステムを主題にした料金システムとしました。

自分の特徴を理解しahamoカルテルから脱出したことで、結果としてユーザーの自由度をさらに高めることに

非常に良い傾向ではないでしょうか。今後もこのような動きが広がることを望みます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

イルカ調査員

まいど!九州生まれ九州育ち、ブロガー兼会社員のイルカと申します。 人気官庁の公務員を3年で退職、現在は都内で会社員として勤務しています。趣味はスマホ、パソコン関連商品、お得情報を日々リサーチすること!イルカの調査結果をお届けします。

-格安SIM