ガジェット系

【価格ドットコム注目ランキング1位PC】DELL直販サイトから購入!6万円台ながらRyzen5、SSD256GB、Windows11搭載でコスパ高い

DELLパソコン画像

まいど!調査員イルカです

最近約6年ぶりに自宅PCを買い換えました。

これまでは2015年モデルのDynabookデスクトップ一体型を使ってたんですが、動作がめちゃくちゃ遅くなってきたのと、CPU(6年前のceleron)の低い性能からWordPressの作業に支障があったので買い換えることに。

DELL公式直販サイトで購入したのですが、安いながら性能とコスパが高かったのでご紹介したいと思います。それではどうぞ!

6年前のdynabookではもう限界

買い替え前に私が使用してたPCはこちら。

  • TOSHIBA Dynabook D41
  • デスクトップ一体型(液晶21.5インチ)
  • CPU:Celeron Dual-Core 2950M
  • ストレージ:HDD1TB
  • メモリ:4GB

当時16万円で購入したPCだったんですが、スペックを見ると少々低めといった感じですね‥(笑)

CPUはceleronですし、メモリも4GBしかありません。液晶画面が大きくHDD1TB以外はしょぼいスペックと言わざるえません。まあ、6年前ならこんなもんでも16万円もしたのでしょう。

おそらくHDDの劣化なのでしょうか、起動時やchromeの表示が遅くてイライラマックスです。PC起動するだけでも2~3分かかりますし、私はAFFINGERを使ってますがWordPressの動作もバグっぽい感じになってしまうので、CPUのスペック不足が否めません。

やはりもう買替時期だと諦め、価格ドットコムのPC注目ランキングを見てみることに・・・

注目ランキング1位のPCを買ってみました

2021年11月時点で価格ドットコムの注目ランキング1位になってたPCがこちら

DELLパソコン画像
  • DELL Inspiron 14インチ
  • CPU:Ryzen 5 5500U
  • ストレージ:SSD256GB
  • メモリ:8GB
  • 重さ:1.4㎏
  • Window11搭載
  • MicrosoftOfficeなし

これだけそろって6万円台で購入できますから、めちゃくちゃコスパがよさそうです。早速、価格ドットコムのサイトから経由してDELL直販サイトで注文してみました。

このPC定価は9万円台となっていますが、割引やクーポンを使用することで6万円台で購入できるようです。クーポンは最初の画面で表示されており、最後の確認画面でクーポンコードを入力することで適用できるため、事前にコードはコピーしておきましょう。

注文が完了すると、別途DELLからメールが送付されて発送状況を確認できます。DELLは外国資本なため、マイページなどの文章が英語をそのまま和訳したような機械的で冷たい感じを受けますが、それ以外は問題なく安心して利用できます。受取日時も事前に選択できたため、非常に使いやすい印象でした。

注文のあと翌日発送。3日後には利用開始

注文日から3日後に届きました。

想像してたより大きく重さも若干ありましたが、シルバーの外観の美しさ、起動時の処理速度は予想どおりの代物で期待外れ感はありません。

日本メーカーPCだと最初からソフトやアプリがインストールされていますが、DELL直販PCではほとんど何も入っていませんでした。最初はまずchromeやadobePDFなど不可欠なソフトをインストールするようにしましょう。

最近はクラウド化が著しく、chromeインストール後にGoogleアカウントを紐づけするだけで移設作業がほとんど完了してしまいます。おかげで予想より大幅に移設作業を短縮できました。

AMD Ryzen5 5500Uは手ごろな値段ながらハイミドルCPU

私の場合、ブログのための画像処理やテレワークでのWord文書作成ぐらいしか使用しませんので、めちゃくちゃハイスペックのCPUは必要ない状況でした。PCでやることと言ったら下記の用途ぐらいで、

  • YouTube鑑賞
  • WordPressでブログ編集
  • 画像編集
  • MicrosoftOfficeで文書作成
  • ネットサーフィン

もうちょっと低スペックCPUでも支障はないのかなと思いましたが、やや背伸びしてハイミドルのCPUをチョイス。

【AMD Ryzen5 5500U】のスペックなんですが、Interで比較すると【Core-i5第11世代】と同程度のスコアが出るようです。もちろん6年前のceleronよりは数倍以上のスコア差があるので、WordPressでの編集時にもバグ発生しなくなり、スムーズでストレスなく作業ができるようになりました。

WordPressもやはりCPUスペックに大きく影響しますね。古いCPUだと操作や画面切替時に処理が遅くて非常にイライラしましたので、それがなくなっただけでも大変ありがたいです^^

SSDは最高。起動時や電源OFF時の処理速度が秀逸

今回初めてSSDストレージを利用しましたが、めちゃくちゃ処理が速いです。とくに起動時、電源OFF時の切替が早くて、これまで数分を要していた処理対応時間が数十秒もかからなくなり大幅に短縮されました。

劣化したHDDから最高のSSDに。これは買い換えて最も満足度が高かったポイントでした。

amazonでもDELLのPCはあるものの、割引率が低くお勧めできない

CPUは異なりますが、amazonでも今回紹介したPCと同等のものが掲載されているようです。しかし直販サイト並みの割引はされておらず、ほぼ定価に近い値段となっていました。

amazonは外国メーカーの家電やPC関連製品が安いため、通常ならばお勧めできるサイトです。しかし、PC分野に限っては割引率の差でメーカー直販サイトには太刀打ちできていないようでした。

接続端子は不満

最近のPCは軽量・薄型化が著しく、そのためUSBポートやHDMI、LANポートを少なくする傾向があるようです。

私が購入したPCには、

  • USB3.2-TypeAポート×2
  • USB3.2-TypeCポート×1
  • HDMI×1
  • サウンド用接続ポート
  • microSDスロット

これらのポートがありましたが、ディスプレイポートやLANポートは存在せず、またUSB-TypeCも一つしかなかったので他デバイスとの接続性には若干物足りない設計になっています。

私はディスプレイをPCとつないで利用するため、DBポートがないのはめちゃくちゃ不満でした。HDMIでも接続はできるのですが、ディスプレイの画面性能が大きく落ちてしまいます。高リフレッシュレート、4KなどのディスプレイモニターがあるならDBケーブル接続が最適ですので、やはりそれがないのは大きな減点ポイントですね。

またLANポートがなく有線接続ができないため、高速通信にも不安が残ります。

とはいっても6万円台ならお買い得。

オフィスソフトはありませんが、ハイミドルCPU、SSD256GB、Windows11搭載で6万円台で購入できるんですから、これはかなりお買い得だといえるでしょう。

もちろん割引やクーポン適用後の値段なので、定価は10万円近くします。それでも家電量販店の詐欺的に高いPCを買うくらいならこっちのほうが数倍ましです。

よくわからない不要なソフトやアプリなどもインストールされていませんし、DELLやHPなどメーカー直販サイトから購入するのはとっても賢い方法だといえます。

ぜひご参考になさってください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

イルカ調査員

まいど!九州生まれ九州育ち、ブロガー兼会社員のイルカと申します。 人気官庁の公務員を3年で退職、現在は都内で会社員として勤務しています。趣味はスマホ、パソコン関連商品、お得情報を日々リサーチすること!イルカの調査結果をお届けします。

-ガジェット系